就職活動での経歴書について

就職活動での経歴書について

希望の就職を決めるためには、履歴書を書くだけでなく、
職務経歴書を作ることが大事です。

 

新卒者の就職活動では、過去に働いていないために、
職務経歴書をつくることはありません。

 

転職の場合には、選考する際の重要な項目の1つとなっています。
企業が新卒者では無く、中途採用をする場合には即戦力を求めます。

 

かつての職場で、採用希望祭と似たような仕事をしていたという人は、
即戦力になる人材と判断されます。企業側が即戦力を探していると
いうことを前提にした上で、職務経歴書の内容はわかりやすく、
理解しやすいものにします。

 

職務経歴書は、新卒者は出してはいけないというわけでは
ありませんので、アルバイト歴や経験をまとめて自己アピールに
用いるのもいいでしょう。

 

大まかな経歴は履歴書でわかりますが、それだけでは書き切れない
実績やスキルを職務経歴書にまとめます。

 

自分がどういったスキルや経験を持っているかを色々書くことによって、
採用担当者からの印象を良くしてもらうのです。
せっかくの就職のチャンスを書類選考で逃さないように、
しっかりと内容を練って書くようにしましょう。

 

ネットや書籍で様々な書式で書かれている職務経歴書ですが、
こう書かなければいけないというものはありません。
どの業界を希望しているか、どんな会社に入りたいかによって、
職務経歴書の書式は自ずと変わります。

 

職務経歴書を作成する時は、その企業がどんな人材を求めているか、
業界全体の特性は何かなどを踏まえて書くとうまくいくようです。

就職と経歴書の内容

職務経歴書は、近年の就職活動では欠かせません。
書類選考の段階で、履歴書に職務経歴書を添えることが一般化しています。

 

履歴書は、書式が基本的に決まっています。
書く内容も学歴や就職経験があれば入社した年や退社した年、
簡単な理由などぐらいで特に難しいものではありません。

 

そういった意味では、履歴書の内容は誰でも似たようなものになるでしょう。
職務経歴書は、定まった書式がありません。
オリジナルのものが作りやすいですが、逆に何をどう書けばいいかが
わからなくなりがちです。

 

職務経歴書はこう書かなければいけないという決まり事がないため、
自分でレイアウトから考えなければいけません。一人一人の色が出ますし、
いい書式を思いついたという人はアドバンテージがとれるかもしれません。

 

多くの場合、何を書いてもいいと言われると、
逆にどんな職務経歴書にすればいいか困惑してしまいます。
ネットの就職支援サイトや、就職必勝法をまとめた書籍でも、
様々な職務経歴書のパターンが載っていることが多いようです。

 

どうして良いかわからない人は参考にしてみてはいかがでしょうか。
就職の時に必要な職務経歴書の内容は一般的には自分がこれまでに
経験してきた仕事内容について詳しく書くことです。

 

そして、就職を希望する会社では、自分はどんな形で戦力になりえるのか、
意気込みを文章化するといいでしょう。
採用企業側の担当者は、全員の履歴書と職務経歴書を丹念に見てているかといえば、
そういうわけではありません。職務経歴書の内容を読みやすくまとめておくことで、
職務経歴書一枚当たりのチェック時間が長くないという企業でも、
十分にアピールが可能です。

就職と職務経歴書の書き方

履歴書と違って、職務経歴書には就職活動の時に用いる
定型書式はないようです。ネットの就職支援サイトや、
ノウハウ本に書かれている内容も、様々なものがあります。

 

絶対という王道は無いので、いくつかの職務経歴書を比較して
一番気に入った参考例をシンプルに使うことをおすすめします。
これがいいと感じた職務経歴書があれば、
それをベースにして自分のものを作成します。

 

書類審査にはたくさんの応募があることを考えれば、
担当者が職務経歴書を見る時間は十数秒程度です。
採用倍率や会社の規模にもよりますが、読み手で
読みやすい職務経歴書を書くことが大事です。

 

どんなことが書いてあるかも重要ですが、文字の配置や大きさ、
情報量なども重要なことだといえます。職務経歴書に目を通して
もらう数十秒で好印象を持ってもらうには、相手にとって読みやすく、
把握しやすい職務経歴書を作成するという意欲があるかどうかが
成否の分かれ目にもなります。

 

できるだけ情報を詰めこみたくなるという人もいますが、
延々と文章ばかり続けていては読みづらいですから、
明瞭簡潔をまず意識しましょう。

 

会社規模や資本金、事業内容や取扱製品など、
前に勤務していた会社の情報など最低限必要な項目は
省略してはいけません。

 

上場企業なら書かなくても話が通じるかもしれませんが、
中小企業の場合は企業名だけではわかりません。
そして、今までどんな職種についていたかを細々と書くのではなく、
シンプルに、簡潔に、要点だけをかいつまんで職務経歴書を作成します。

 

求人内容や会社事業から、相手企業が必要としている人物像を割り出し、
自分がその人物であることを職務経歴書でアピールすることができれば、
就職活動はきっとうまくいくでしょう。

履歴書に書ける資格一覧【人気記事アクセスランキング】

宅地建物取引士 不動産取引のスペシャリスト。住宅・金融・保険でも
【介護・福祉系】 社会福祉士・ケアマネ・介護福祉士など
【 I T 系 】 基本情報技術者・応用情報技術者など
【 会 計 系 】 日商簿記2級・建設業経理士2級など
基本情報技術者 システム関連業界では必須の資格と言われている

 

今どきの資格の獲り方♪

スマホだけで資格をとろう

大人のG-SHOCK

page top