ニードル脱毛 人気

ケアマネージャー

ケアマネージャー(介護支援専門員)  難易度 合格率 勉強方法

ケアマネージャー

ケアマネージャー(介護支援専門員)とは

利用者の介護全般に関する相談援助や関係機関との連絡調整を行うが援助の流れは、
利用希望者、家族はどのような介護サービスの希望をするか面接(インテーク)、
どのような介護サービスが必要かを査定(アセスメント)、介護保険が利用できる
ようにサービス計画、個別支援計画を作成(プランニング)する。
そしてサービスの利用開始後も提供されている介護サービスが適切か否かを定期的
に評価(モニタリング)して要介護者と介護者の状況に合わせて再びアセスメント、
プランニングをおこなう。

 

種別

公的資格

 

受験資格

介護支援専門員として登録・任用されるには都道府県の実施する
「介護支援専門員実務研修」を受講する必要があり、研修を受講するために
「介護支援専門員実務研修受講試験」に合格しなければならない。
受験資格には下記の法定資格などで5年以上の実務経験が必要とされる。
社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士、医師、歯科医師、薬剤師、保健師、
助産師、看護師、准看護師、理学療法士、作業療法士、視能訓練士、義肢装具士、
歯科衛生士、言語聴覚士、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、
柔道整復師、栄養士(管理栄養士を含む。)

 

又は相談援助業務に従事する者で社会福祉主事任用資格、訪問介護員養成研修
2級課程に相当する研修を修了した者

 

上記の資格または研修修了の資格がない場合は所定の福祉施設での介護等に従事
した期間が10年以上の者
平成19年度より、介護支援専門員としての登録については、5年毎に所定の研修を
受けることで登録を更新する更新制度が導入されることになった。

 

試験日

年1回 全国統一の日 近年は10月中旬〜下旬

 

合格率

20.5%

 

研修科目

【介護支援分野】
1.基本視点
2.介護保険制度
3.要介護・要支援認定特論
4.介護支援サービス機能・要介護認定方法論
【保健医療福祉サービス分野】
1.高齢者の身体的・精神的特長と高齢期の疾病・障害
2.訪問介護方法論
3.通所介護方法論
4.短期入所生活介護方法論
5.福祉用具、住宅改修方法論
6.指定介護老人福祉施設サービス方法論
7.公的サービス、社会資源導入方法論

 

申込期間

都道府県知事または都道府県知事の指定を受けた試験実施団体から
公報等を通じて公表される

 

試験地

受験者が受験資格に該当する業務に従事している勤務地の属する都道府県。
受験資格に該当する業務に従事していない場合または無職の場合は
住所地の属する都道府県

 

受験料

都道府県による

 

願書入手・申込方法

受験地の都道府県または都道府県知事の指定を受けた試験実施団体から取り寄せる

 

合格発表

厚生労働省が指示する合格基準に基づき、都道府県知事が合否を決定し、
受験者全員に合否を通知。合格発表日は近年おおむね12月上旬

 

問い合わせ先

各都道府県の介護保険担当課

 

 

 

介護・医療の資格ならニチイがおすすめ。
資格取得だけでなく、その就職先まで
経営しているところが最大の理由。

 

 

【参考書を探す】 【通信講座を探す】 【資格学校を探す】

 

★ケアマネージャー 参考書・テキスト売れ筋ランキング★

 

 

【東大式記憶術】ケアマネ試験一発合格脳プログラム


履歴書に書ける資格一覧【人気記事アクセスランキング】

運行管理者 事業用自動車の安全運行を管理するスペシャリスト
【介護・福祉系】 社会福祉士・ケアマネ・介護福祉士など
【IT系】 基本情報技術者・応用情報技術者など
【会計系】 日商簿記2級・建設業経理士2級など
基本情報技術者 システム関連業界では必須の資格と言われている

ケアマネージャー関連エントリー

福祉住環境コーディネーター
福祉住環境コーディネーター
社会福祉士
社会福祉士
介護福祉士(ケアワーカー)
介護福祉士(ケアワーカー)

 
【会計系】 【IT系】 【金融系】 【建設・不動産系】 【介護・福祉系】 【勉強方法】